登山初心者に気をつけてほしいこと〜なると最悪シャリバテを予防しよう

登山食料
スポンサーリンク

登山の途中で
なると最悪なのがシャリバテです。
特に登山初心者は陥りやすいので
気をつけてほしいですね。

快適な登山をするために
エネルギー切れであるシャリバテ
ならないための予防方法などを紹介!

スポンサーリンク

登山初心者の時になったシャリバテで大変だった思い出

登山でシャリバテけっこう最悪なんですよね。

シャリバテってなに?
そうですよね。
登山が初心者の頃なら
初めて聞く人もいるかと思います。

シャリバテとは?

糖質エネルギーの供給不足が
原因で起こるバテの一種です。

別名ハンガーノックとも言いますね。

運動によって糖質が枯渇すると
ブドウ糖をエネルギーの供給源にしている
脳の働きにも影響が現れます。

その影響とは脳の働きが悪くなることで
判断力が低下したり、転倒滑落、
道迷いといったアクシデントを
引き起こしやすくなることです。

自分がまだ登山はじめたての頃
まだシャリバテの知識もあまりなく
ガツガツ登っていたら
急に体が動かなくなってきて
登るのにすごい苦労した思い出があります。

特にシャリバテになってつらかった登山は

登山一年目の時に行った
谷川岳、神奈川の大山ですね。

どちらも半分くらい登ったくらいで
突然足が動かなくなり喋る気も失せるくらいに
なったのを覚えてますね。
もう本気で帰りたい思うほど(笑)

バテて気持ち悪くなって山頂での
山めしも喉を通らないくらいにもなりました。

今思い返すと
全く途中でエネルギー補給しなかった。

登山ではエネルギーを激しく
消費するのでエネルギー補給の大切さを
知らなかったんですね。

楽しい登山のはずがシャリバテのせいで
つらい登山になったな〜

ということで
シャリバテしてしまって
楽しく登山できなくなったり
山めしも美味しく食べれなくならないためにも
シャリバテにならないための予防方法などを
紹介したいと思います。

登山でシャリバテにならないための予防法とは?

登山は長時間にわたってエネルギーを
消費するスポーツでその消費量も多い。

急激にエネルギーを消費しないので
意外とエネルギーの消費に気づかない。
気づいた時にはかなり消費していて
シャリバテになっているということが多いです。

なので登山で
シャリバテにならないための予防法とは

こまめな糖質の摂取が大事!

これが一番の予防法だと経験上からも思います。
じりじり消費するエネルギーを
コツコツ補給する感じですね。

具体的には
1時間に1度のペースで
糖質を中心とした行動食(おやつなど)
を100〜200kcal食べるのが理想です。

お腹減ってないからいいやと食べないことが
多いですが減りを感じてなくても
本当にコツコツ食べた方がいいです。
食べないで痛い目みましたからね〜。

あとは登る前に朝食など
しっかりエネルギーを補給しておくのも大切です。

シャリバテになった時の対処方法

シャリバテには気をつけたいところですが
なってしまうこともあります。

そんな時の対処法です。

●ちょっとバテたなと症状が軽いめの場合

軽いときは休憩して行動食(パンやおにぎりなど)
を食べて糖質を補給すればすぐに回復します。

●症状が重い場合
バテがひどい場合は
胃腸の消化吸収能力が落ちているので
おにぎりなどの食べ物を受け付けない場合もあります。

そんなときは消化しなくても吸収できる
ブドウ糖を常備しておくのも良いでしょう。
またブドウ糖が含まれた飲料水なども効果的です。

シャリバテにならないためのおすすめ行動食

登山中はちょこちょこ行動食を食べて
シャリバテを予防したいですが
何食べたらいいの?って思いますよね。

登山で食べる行動食って
けっこう定番のものが多くて
そのあたりから選んでいくといいと思います。

ということで
おすすめの行動食を紹介しますね。

【ゼリー系飲料】

 
ゼリー系飲料で有名なのは
ウイダーインゼリーではないでしょうか。

疲れていても飲みやすくておすすめ。

最近ではいろんなスーパーが
プライベートブランドの
ゼリー系飲料を販売していますね。
 
 
【ミックスナッツ】

 
ミックスナッツはカロリーがあり
栄養価もありちょこちょこ食べるにはいいですね。
ちょっと値段が高いですけど。
 
 
【ドライフルーツ】

ドライフルーツは栄養価も高くて
登山ではけっこう人気じゃないでしょうか。

最近ではダイソーとか100均一でも
買えるようになってきましたね。
 
 
【カロリーメイト系】

 
カロリーメイトは名前の通りカロリーもあり
登山の行動食にはぴったりです。

しかしこれパサパサしてるので
喉渇いてるときはけっこうきつい。
 
 
【ようかん系】

 
自分も好きなようかん系行動食。
井村屋が販売している
スポーツようかんが有名です。

これ、適度にしっとり、甘さもあるので
食べやすくてすごい食べやすい。

常に持って行ってると安心ですよ。

スポーツようかんで思い出にあるのが
一緒に行った連れがバテてヘロヘロに
なってたのでスポーツようかん
食べてもらったら急速に復活したことが。

本人もスポーツようかん凄い!
と絶賛してましたね。
 
 
【チョコ系】

   
チョコも疲れてる時にはいいですね。
m&m’sとかコーティングしてあるのが
手が汚れなくていいかもです。
食べ応えがあるアーモンドがおすすめ。

しかし暑いときは溶けやすいので注意が必要。
 
 
【グミ、あめ】

 
グミやあめなども行動食では定番ですね。
すぐ取り出して食べやすいです。
しかしカロリーはあまりないので
他の行動食と併用するのが良いかと思いますね。

まとめ

登山で気をつけてほしい
シャリバテについて紹介しました。

特に長丁場の登山では
行動食をしっかり食べてシャリバテ
予防しないとかなり辛い登山になります。

ひどくなると食べ物受け付けなくなるんで
回復もしづらく大変です。

そうならないように気をつけたいですね。

行動食などもできれば
常に色々持っていくと安心ですよ。

もしよかったらポチッとお願いします!

登山ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました