ワークマンでメリノウール製のソックスが驚きの安さで売られていた!

登山グッズ
スポンサーリンク

ワークマンで
メリノウール製のソックス
驚きの安さで売られていたんです。

メリノウール製って
価格が高いってのが常識だが
それがびっくりの
なんと価格が580円!

はたして履き心地はどうだった?

スポンサーリンク

ワークマンの「メリノウールソックス」

今大人気のワークマンでなんと
メリノウール製のソックスが超格安で
売られていたので購入してみました。

メリノウール製といえば登山する人なら
ベースレイヤーやソックスなどで
使っている人も多いのではないでしょうか。

自分も例えば
アイスブレーカーの
メリノウール製のベースレイヤーや
ファイントラックの
メリノウール製のソックスなどを
一年中愛用しています。
 

 

 
メリノウール製のものっていいところが
いっぱいあって登山などでは
すごい重宝する素材なんですが
いかんせん価格が高い。

たくさん買ったり
普段使いはなかなかできない
感じなんですよね。

登山用で売っている
メリノウール製のソックスなどは
1,500円〜4,000円と高い。

そんな高いメリノウール製の
ソックスがワークマンで
なんと580円(税込)で売っていた!

ワークマンさん本当に
メリノウールなの?
って疑っちゃうほど安いです。

というわけで
買って使用してみました。
ミドルソックスなんで
登山には使用しづらいので
普段使いしたその履き心地などを
紹介したいと思います。

『メリノウールミドルソックス』

【価格】580円(税込)
【サイズ】24.5~27cm
【カラー】グレー・カーキ・パープル
【素材】毛・ナイロン・ポリウレタン
【特徴】
・肌触りが良く、保温性が高い
・ストレッチ性
・メリノウール糸使用
・つま先・かかとパイル

メリノウールってなに?

メリノウールってなにがそんなにいいの?
そもそもメリノウールってなに?

と思っている人もいると思いますので
まずメリノウールについて
紹介したいと思います。

【メリノウールとは?】
メリノ種の羊からとれるウールを
メリノウールといい、
メリノ種のウールは
ウールの中でも最高級品になります。

メリノ種の産地は主に
オーストラリア、ニュージーランド、
フランス
になります。

またメリノウールにはランクがあり
繊維が細いものがランク上位の位置付けられ
高級メリノウールとされます。

ランク上位順に
スーパーエクストラファインメリノ
(糸の織度16.5〜17.5μm)
・エクストラファインメリノ
(糸の織度18.5〜19.5μm)
・ファインメリノ
(糸の織度20〜22μm)
・ストロングメリノ
(糸の織度23〜25μm)

【メリノウールの特徴〜メリットとは?】
メリノウールにはいろいろな
良い特徴があります。

●保温性が高い
 冬は暖かく使える

●除湿性がある
 夏も涼しく使える

●防臭効果がある
 天然素材の免疫機能がある

●肌触りがいい
 肌がチクチクせずサラサラの質感を保つ

【メリノウールの特徴〜デメリットとは?】
●毛玉ができやすい

●乾きにくい

●洗濯に注意が必要
 縮んだりフェルト状になる

●価格が高い

ワークマンの「メリノウールソックス」のレビュー 〜5日連続履いてみた

あまりにも安いので
本当にメリノウール?と
ちょっと疑いながら(笑)
普段使いで履いてみました。

【まず履き心地は?】
サラサラしていて肌触りが良く
履き心地はいい感じです。

【保温性は?】
特に寒さを感じることもなく
保温性も問題ない感じ。

【防臭効果は?】
防臭効果を確認するために
実際に5日連続で履いてみました。
毎日匂いを嗅いで確認しましたが
臭くならなかった。

また、5日も連続で履いたのに
毎回の履き心地も気持ち悪くなかった。
毎回サラサラしてました。

ここで確信しました。
本当にメリノウールだ。
疑ってごめんなさいワークマンさん。

 

あと使用していくうちに
しっかり毛玉も出来てきました。
メリノウールのデメリットもしっかり
出てきましたね。

だけど毛玉できるの少し早い気もするな。
ソックスの耐久性が気になるところですが
一冬越さないとわからないので
またチェックしたいと思います。

↓5日連続履いた5日の状態。
すでに毛玉ができ始めている。
耐久性ちょっと不安が。。。

メリノウールの特徴もしっかりあった
ワークマンのメリノウールソックス。

なかなか良いですよこのソックス。

ロングタイプがあったら
登山でも使用できそうなんだけど
残念ながらないんですよね。
来年あたりできないかな。

ワークマンに「メリノウールソックス」 について問い合わせてみた

ちょっと疑問があったので
ワークマンに問い合わせてみました。

質問内容は以下です。

1.ソックスに使用している
メリノウールの割合は?

2.使用しているメリノウールのランクは?

3.メリノウールはどこ産?

登山メーカーとかだと
メリノウールの使用割合など
書いてあるのですがわからなかったので
これらを質問してみた次第です。

対応良いですよね。
メールしたら一日で
質問に答えていただけました。
ありがとうございます。

(1の答え)
割合はウール61.9%、
ナイロン33.9%、ポリウレタン4.2%でした。

(2の答え)
担当者が不在でわからないとのこと。

(3の答え)
オーストラリア産

とのことでした。
ウールの割合も61.9%と
しっかり使用してるんですね。

ランクわからないのが残念でしたが
これらのことがわかって
よりコスパの良いソックスだなと思いましたね。

まとめ

登山ではおなじみの
メリノウール製のソックスが
あまりにも安い価格で売られていたので
ちょっと疑いながら買ってみたけど
実際使用してみたら
ちゃんとメリノウールだった。

ということで、
ワークマンの
メリノウール製ソックスの紹介でした。

ミドルソックスなので
登山では使いづらいですが
この価格なら普段使いにいいですね。

店頭で見つけたら即買いレベルですよ。
ちなみに自分が買った時には
ほとんど売り切れ状態でした。

もしよかったらポチッとお願いします!

登山ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました